令和 北のくにから

スウェーデンに移住して、フリーランスの日本語教師として働きはじめる日々を綴ります

続・アクティブ系ひきこもり生活

日本に帰国して2週間が経ちました。

先日、スウェーデンへの復路便を購入した

フィンランド航空より、6月中旬出発予定の

フライトがキャンセルになる可能性がある、と

連絡がありました。今、世界で起きている混乱

に比べれば私のハプニングなんて、ぜんぜん

たいしたことないんですが、先の見えない不安で

時折、心が沈みます。

 

帰国して嬉しかったこと:

・母の手料理

・日本のテレビ番組

・焼き魚、煮魚、刺身魚

・100円ショップの品ぞろえ

・床に座る生活

 

以前(渡瑞前)と変わったこと:

・無駄なお金を一切使わなくなった

例:

コンビニコーヒー、便利グッズ…

意味なくカフェに寄ること

服装にお金をかけること

 

・バリバリ働いていなくても平気

 

日本にいるうちにしたいこと:

・色々な人に会いたい←無理?

・母に洋裁を習いたい

・パソコンを買い替えたい

・桜が見たい(本当は梅が好き)

 

色々な場所へ行き、色々な人に会うつもり

でしたが、このご時世、無理はできません。

スウェーデンで培った、

「アクティブ系ひきこもり生活」を

日本で実践できる日が来るなんて(笑)

思いもしませんでした。

 

日本生活のひとこま①:

f:id:poike-och-flicka:20200326001809j:plain

牛カツの鉄板焼き?!

 

 

 

 

 

渡瑞3か月:ベスト3

一応、お試し期間としてスウェーデンに渡り、

配偶者ビザを取得しようと決断したこの3か月を

「移住第1期」と呼ぶことにしました(勝手に)。

この3か月の反省も含めて、ベスト3をリスト化

しておきます。

 

■失敗したこと■

第3位

事前語学学習の怠り。

やっぱり、夫の家族とはもっとしゃべりたかった

です。

 

第2位

趣味を楽しむ環境づくり。

いいピアノがあったのに楽譜を持参し忘れ、

毛糸はこちらでは高くて買う気になれず…。

 

第1位

料理。

よく考えれば私は洋食のレパートリーが少ない。

そのため、

醤油、だし、中華系調味料を使わないで料理する

となると、手数がごく少ないことに気づきました。

 

 

■よかったこと■

第3位

あの、海外生活あるあるでおなじみの、

「価値観が変わる」というのは、

少なからずあったと思います。

お金を使わずに豊かに暮らせることを、

体感できたと思います。

 

第2位

意外や意外。2kgやせました。

美しい公園、川、街並みがあったので、

毎日、1~3時間ぐらい散歩しました。

 

第1位

夫の、母国での一面を見ることができました。

とにかく、行く店、行く店で店員と「軽く話す」、

または「しゃべりかけられる」。

何を話していたのか聞くと、思い出せないぐらい

他愛のない話でした。10歳年下の夫で、京都で

6年住んでいた時は、完全に私が主導権を握って

いたと思います。。でも、スウェーデンでは夫を

色んな意味で頼っていました。

 

 

■番外編■

・ひたすら70、80、90年代の洋楽ヒット曲を流す

FMラジオ局にハマりました。

 

・「寂しいときはカモに話しかけていた」と、

大阪のスウェーデン語教室の先生が言ってた通り

カモの大群に圧倒&癒しを感じました。

 

f:id:poike-och-flicka:20200305114302j:plain

かわいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出国審査で焦る

3月10日。

スウェーデンから日本へ戻りました。

 

スウェーデンは日本への直行便がないので

いつも、どこかの国を経由しています。

今回は、初めてフィンランドの空港、

フィンランドの航空会社を使いました。

 

※今年のサマー期より、スウェーデンにも

羽田から直行便が運航開始

 

フィンランドヘルシンキの空港について

 vantaa空港 第2ターミナル:

・なんちゃってじゃない、本格ラーメン屋がある

・ジェイミー・オリバーの店のメニューに、「抹茶」がある

・日本語で案内表示されているところがある

(ヨーロッパの空港ではめずらしい!)

・入国審査の担当員も日本語で挑戦?してくる

例)

担当員 こにちは

私   こんにちは

担当員 どこに いきますか

私   おおさか に いきます

日本語教師の職業病です。

 つい、レッスンみたいな日本語に…。

・空港スタッフ、利用客、空港設備、ショップ

全体的に落ち着いた雰囲気。ひとことで表すと

「無駄がないおしゃれ」

・行き交う人々はそこそこ多いのに、たまたまなのか

皆、静か。もしかしたら、コロナウイルス警戒中。

・やはり、ムーミンマリメッコ押し。。

・獣の皮のベンチシートが売られているのを

多くみかける

 

■入国審査で焦ったこと:

審査員:何か月滞在した?

私  :3か月です

審査員:何してたの?

私  :夫に会っていました。

審査員:ビザないの?

私  :え、、はい…。

審査員:滞在日数、ちゃんと計算した?

私  :はい、3か月です

審査員:あいまいだな。私が計算します。

    (パソコン、カタカタ…)

私  :(え?!…)

審査員:(苦笑)87日だね。

    よかったね。どうぞ、扉の向こう側へ!

私  :ありがとう!

     (曖昧な返答をしてごめんなさい)

 

※ビザなし可能滞在期間は90日間です

※真面目な質問は恐い顔で英語でされます

 

フィンランド航空(フィンランド⇒日本):

・座席のオーディオシステムはやや内容少な目

・客室乗務員は日本人クルーが半数ぐらいいる

・クルーの制服、かわいい(主観)

・飛行機のデザイン、超シンプルに変わった

・機内免税品販売が人気(ムーミンマリメッコ

機内食、ボリューム控えめ

 

スウェーデンの空港・スカンジナビア航空と、

フィンランドの空港・フィンランド航空と、

違いは何かなと、マニア目線で見ていましたが、

大きな違いは、

「無駄がないおしゃれ」(←本日2回目)

「日本人への対応が整っている」(直行便あるし)

 

空港好きの私個人は、

オランダの空港のテーマパーク感や

スウェーデンの空港の大らかさ(笑)のある感じ

が好きですがフィンランドの空港はいろんな意味で

安心感がありました。

f:id:poike-och-flicka:20200310160141j:plain

前のデザインが好きでした

 

 

 

 

 

2月の収入。実家で在宅ワークは可能?

■2月の収入■

オンラインレッスン 

1200×30レッスン=36000円

その他 なし

合計     36000円

 

開始当初は予約が入らず焦っていましたが、

今では週末は大盛況?で自主的に予約サイトを

閉じる…という予想外の状況になりました。

本当に美容室のように、平日はパラパラと入り

週末にドッと忙しくなる、そんな感じでした。

3月は旅行、帰国、、と休みの日が多いのですが、

なんとか、リピートしてくださっている方を

逃さないよう、新規の方に続けてもらえるよう、

頑張りたいです。

 

何よりありがたいことは、

結局、日本に3か月戻ることになっても、

同じように仕事を続けることができることです。

私がスウェーデンにいようが日本にいようが、

することは同じ。時差の谷間(笑)もありません。

 

もうひとつ、

4月からの新入生の足止めなどで大変な状況の

日本語学校で勤務されている先生方の苦労を

想像すると心が痛みますが、

この仕事はコロナウイルスに左右されません。

日本語学校もネット授業を取り入れてみては?

と余計なことを考えました。

 

逆に地味に心配していることは

「実家に戻って、仕事スペースを確保できるのか」

ということです。最早、私の部屋はなくなっており

仏壇しかない客間に入ることになります。

 

家で仕事をするようになって実感したこと:

・「仕事をする時間」「その他の時間」のメリハリを

つけることが意外と難しい

・集中力を切らせる誘惑がたくさんある

 

さすがに、カフェでオンラインレッスンをするわけ

にはいかないので、客間に仕事環境をつくります。

 

ルームツアー④:廊下

f:id:poike-och-flicka:20200306154754j:plain

日差しの角度!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬のダーラナ旅行

f:id:poike-och-flicka:20200303132354j:plain

クリスマスツリーとメイポールと雪だるまの競演

来週、ビザなし滞在可能期間が終わるので、帰国前に

ダーラナ地方に旅行にいきました。

 

ダーラナについて:

スウェーデンのガイドブックには必ず載っていて

スウェーデン人自身もよく観光に訪れるところ

・昔ながらの文化や景観が残っていて、赤い壁の

木造住宅の街並みや美しい湖を散策できる

・ハイシーズンは夏至あたり。夏至祭が有名。

f:id:poike-och-flicka:20200303100938j:plain

寒いけど、ずっと見てられる。

 

報告:

・夏に行くべきところに冬に行ってしまったが、

大雪で、絵本のような景色を見ることができた。

・いろいろなカフェや素敵なお店が並んでいたが

木~日曜日のみの営業だった。←我々は月から2泊…

・道行く人、店員、レストランのウェイター、受付、

幼稚園の子たち…、みんな気さくに話かけてくる。

例)

レストラン店員(水をつぎながら)

「これはスウェーデンウォッカです。」

 

幼稚園の子たち(園の柵ごしに)

「こんにちは!あなたの名前は?」

 

ビュッフェランチで紅茶パックを上下してる時

「魚は釣れたかい?」←すごい…

 

感想:

雪がひざ下ぐらいまで積もっている山道を1時間、街を2時間、あきずに3日間連続で散策したので、腰を痛めました。。でも、それぐらい美しくて心癒される場所でした。ちなみに、大雪のせいかどうかはわかりませんが、冬にダーラナを訪れて散策を楽しむ観光客はほぼおらず、ホテルでゆっくりと時を過ごす方々を多く見かけました。

 

f:id:poike-och-flicka:20200303110502j:plain

ホテル内は暖かいです。←当然

 

 

夫婦会議

もうすぐ、無ビザ滞在可能期間(3か月)が

終わります。先日、滞在延長の申請をしたものの

夫と共に、最短最速で配偶者ビザを取得するには

どうすればいいか話し合い、帰国を決めました。

 

配偶者ビザ取得への道②

・夏に長期休暇を取る国民性(?)を考慮し、

6~8月より前に申請する

⇒この時期に申請すると対応が、より遅くなる

 

・オンライン申請、自国申請が早い

 

配偶者ビザがおりるまで、

無ビザ3か月→帰国3か月→無ビザ3か月

→帰国3か月…のループを繰り返す

 

夫の主張:

・3か月延長して、もっと深く(←?)

スウェーデンを知るべきだ

 

・これからもっといい季節、イベントが

あるのに帰国するなんて、もったいない

 

 

f:id:poike-och-flicka:20200228133559j:plain

↑夫の主張

実は夫は滞在延長して欲しい…と、

めずらしく感情的なことを言いましたが

長い目で見て、

より早く、長くスウェーデンで暮らせるのは

「帰国」か「延長」かどっち?と考察し

筆談で(笑)、話し合いました。

 

そうと決めたら慌てて購入した日本への

航空券がなんと、2万5千円でした。

しかもフィンランド航空!

( ↑ 今まで高くて手を出したことがない)

今、東アジアへの航空券はたたき売り状態

なのでしょうか。。

 

座右の銘

ある程度流れに身を任せながら、

節目節目で考えて選択をする。

 

とはいえ、

学校も公共施設も閉鎖されている日本に

このタイミングで帰国することが本当に

正しい決断だったかは、わかりません。

 

ルームツアー:窓からの景色

f:id:poike-och-flicka:20200301095926j:plain

電車が立ち往生してる

 

 

 

 

 

 

誰も興味がない、その魅力

ここ3週間ぐらい、週末は

24時に1レッスンをこなして、

翌朝8時に1レッスンをこなす、

という働き方をしています。

 

なぜこうなるのかというと、日本時間の

朝8時(スウェーデンの深夜0時)と、

午後4時(スウェーデンの朝8時)が、

週末の人気の時間帯なのです。

→意識高い系ビジネスマンの時間の使い方が

垣間見える気が…

 

普通なら朝ちょろっと働いて、

午後にちょろっと働く、、みたいなところ、

私の場合、「2レッスンの間に睡眠をまたぐ」

という、時差の谷間を実感するような状況です。

 

夜のレッスン直後は頭が冴えて、寝つけず、

翌朝は頭の回転がにぶくて調子がつかめず、

授業後、後悔することが多いです。

 

でもやっぱり日本語教師は楽しいなと思います。

正直、あまりポジティブに捉えていなかった

オンライン日本語講師の魅力にハマつつあります。

 

【誰も興味がない、その魅力】

・お互い日本にいない者同士が、

日本語の授業を通して英語で話す(若干カオス)

・お互い「自宅」にいるので、画面からほんの少し

生活感が垣間見える

例:タンクトップ、窓全開のマレーシア人

例:お子さんが後ろをちょろちょろする

・1対1でずっと向き合って会話しているので、

変な「間」が生じると恐い反面、ちょっと面白い

・規定のカリキュラムを無視してなんとか雑談に

持ち込もうとする若手女子社員や、1つの質問に

1分ぐらい続く長文で返す韓国人男性など、

クセのある方と50分間向き合うこと

 

しつこいようですが、それでも1レッスンで

講師の手取りは1200円(試用期間)。低いです。

地道にレッスンを重ねる日々が続きます。。

 

ルームツアー②:和のテイストに浸食される部屋

f:id:poike-och-flicka:20200224091203j:plain

いい部屋だったのに。。